EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

イーサネット (イーサネットスイッチ)

Ethernetイーサネットは有線ネットワーク・ローカルエリアネットワーク(LAN)における様々なネットワーク技術・ソフトウェア(プロトコル)・ハードウェア(ケーブル・ハブ・インターフェースカード等)を集約したものです。1983年にIEEE802.3として発行され、今日最も普及したLAN技術として発展してきました。パケット交換網として、イーサネットはOSI参照モデルの第1層・第2層に属し、アドレス指定方法や物理メディアについて定義しています。また、TCP/IPやUDP/IPのようなネットワークプロトコルの一般的な基盤であり、同時に複数のアプリケーションプロトコル(HTTP, FTP, IP-852, BACnet/IP等)を多重送信することが可能です。

イーサネットポートを搭載したLOYTECのデバイスは100Base-Tを採用しており、RJ-45コネクタで接続できます。

2個のイーサネットポートを搭載したモデルでは、内部スイッチを利用し2個を同一ネットワーク上で使用するか、各々が異なるネットワークで機能する、いずれかに構成することが可能です。

2個のポートを異なるネットワークに接続するよう構成した場合、例として1個目のポートはセキュリティ面からHTTPSを利用した接続のみ許可するよう設定しWAN側に接続、2個目のポートはビル制御側で使用するBACnet・LonMark・Modbus等が存在する比較的セキュリティ要件が低いLAN側に接続というような構成が可能です。また、ファイアウォール機能をサポートしているため、ポート間で特定のプロトコル・サービスを許可/遮断することができます。

内部スイッチを利用する場合、20台までディジーチェーン接続することが可能で、配線インフラのコストを削減します。また、信頼性向上のため、リングトポロジーを利用した冗長イーサネット構成の構成も可能となっています。この場合、殆どのエンタープライズ向スイッチでサポートしているラピッドスパニングツリープロトコル(RSTP)を利用し、冗長化を実現します。