EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

KNX

KNXKNXはビル制御の通信プロトコルの1種であり、ISO/IEC 14543-3 ”Home Electronics Systems(家電システム)”として国際標準化されています。KNXはホームオートメーションとビルオートメーションの分野においても使用されています。KNXネットワークではセンサーと駆動部が1組の通信オブジェクトとして認識されます。1個の通信オブジェクトはそのデバイスが持つ値を保持し、温度・スイッチ状態・設定等が挙げられます。通信オブジェクトはグループアドレスによって通信を行います。センサーは現在値を同じグループに属する全ての駆動部に対して送信します。異なるメーカー間で互換性を実現するため、通信オブジェクトは予め定義された標準データポイント型(Data Point Types: DPTs)を使用しています。また、KNXシステムの実装は、データベースを基とするメーカーに依存しない構築ツール(Engineering Tool Software: ETS)によって行います。

KNXシステムにLOYTECデバイスを組み込む場合、構築ツール(ETS4)から通信オブジェクトのデータベースをエクスポートすることにより実現します。そのデータをインポートすることで、存在する全てのKNXデータポイントがリスト表示され、取り込みたいポイントを選択します。後からETSのデータベースが変更されても、同じ方法で変更点を追跡でき同期することができます。一度KNXのデータポイントが取込まれると、AST機能を同様に使用することができます。警報機能・スケジュール機能・トレンド機能は、全てLOYTECの汎用機能によって実現されます。KNXデバイスとの通信はKNX TP1(ツイストペア・要外部インターフェース)かKNXnet/IP(イーサネット)経由で行います。