EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

M-Bus

M-Bus (Meter-Bus)M-Bus(Meter-Bus)は遠隔メーター計測のために欧州統一規格EN 13757-2・EN13757-3として制定されました。M-Busはシリアルバスを用いたマスター・スレーブ構成を採用しています。マスターデバイスはネットワーク上のスレーブユニット(メーター)からデータを読み出すことが可能です。マスターからスレーブへのデータ転送は電圧変調信号で、スレーブからマスターへは電流変調信号によって行います。また、M-Busのバスは電力線搬送とすることができ、ネットワーク上の最大デバイス数は使用するM-Busトランシーバーに依存しています。

M-BusをサポートするLOYTECデバイスはM-Busマスターであり、M-Busメーターの取り込みには外部送受信機を必要とします。M-Busデータポイントはオンラインでネットワーク上から取得するかM-Busの作成済みのデバイステンプレートを用いて手動で行います。M-Busデバイスのプライマリアドレス設定は設定ツールより行います。AST機能もM-Busデータポイントに使用できますが、特にM-Bus用のトレンド機能である周期データ収集と過去データ記録はM-Busメーターに最適化されています。