EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

CEA-709

CEA-709 (LON)1990年代の終わりまで、LON(Local Operation Network)は米国家電協会(CEA)によって、”Control Network Protocol”という名目でCEA-709として標準化されていました。今日、LON(CEA- 709)プロトコルはISO/IEC14908として国際標準として認識されています。LOYTECはLONの分野において非常に精通しており、自社デバイスがLONネットワーク上で通信を実施できる独自技術を開発しました。この開発では32ビットコントローラ上でLONプロトコルをサポートするORIONスタックを実装している統合チップを含んでいます。これらの技術はLONをサポートする全てのデバイスで活用されています。ネットワーク変数や機能プロファイルは、LonMark協会によって標準化されており、LONデバイスの通信インターフェースを表すものです。コンフィグレーションプロパティによって、デバイスのパラメータ変更やダウンロードが可能です。現場での実装については、NL220やLonMarkのようなハードウェアメーカーとは独立したネットワーク管理ツールを用いて行いて、ネットワーク変数のバインディングやコミッション等を実施します。また、これらの情報はデータベースに格納されます。この仕組みにより、オフライン上での構築作業とオンライン上での実装・通信確認を明確に分離することが可能です。また、管理ツールではデバイス毎に用意されているプラグインを使用することができ、手軽にデバイスの構成を変更することができます。

LOYTECのデバイスは、標準ネットワーク変数タイプ(SNVT)、またはユーザー定義変数タイプ(UNVT)によって他のLONデバイスと通信を行うことができます。これらの通信のために、デバイス上に静的ネットワーク変数(Static NV)もしくは動的ネットワーク変数(Dynamic NV)に作成することが可能です。また、外部デバイスとの通信の際にバインディング無しで、ポーリングや書込みを実施することが可能で、この仕組みを”外部ネットワーク変数 (External NV)”と呼んでいます。LOYTECのデバイスは、外部デバイスのネットワーク変数に加え、各デバイスの構成情報であるコンフィグレーションプロパティ(CP)にも直接アクセスできます。2種類あるCP、標準コンフィグレーションプロパティタイプとユーザー定義プロパティタイプの両方をサポートしています。ネットワーク変数は、XIFファイルの読込・LNSデータベースの読込・ネットワークのオンラインスキャン・手動作成の4種類の方法から作成することができます。AST機能では、LonMark標準の機能を利用して警報管理・スケジュールをサポートし、トレンドについては、LOYTECの汎用機能によりサポートしています。TP/FT-10チャネル(ツイストペア)かIP-852(イーサネット)上で通信し、LOYTEC製品の一部もLonMarkに準拠しています(詳細は製品紹介を参照下さい)。