EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

Video: Features der L-INX 7.2 Release

LINX-102/103 オートメーションサーバー CEA-709

LINX-102
CEA-709KNXM-BusMP-BusModbusOPC XML-DAOPC UAEnOceanSMIWireless Local Area Network (WLAN)LTESNMPAlarming (Alarm Management)SchedulingTrending (Historic Data Logging)IoTE-mail NotificationSMS NotificationEthernet (Ethernet Switch)LIOB-ConnectLIOB-FTLIOB-IPGateway FunctionLocal ConnectionGlobal ConnectionLocal Manual OperationNetwork SecurityRemote AccessVNC (Virtual Network Computing)Remote Network Interface (RNI)Web Server for Device ConfigurationMathematical FunctionsCEA-709 Router FunctionBackup / RestoreLWEB-900 Integrated Building Management SystemLWEB-802/803 VisualizationUL Recognized Product

索引

L‑INXオートメーションサーバLINX‑102とLINX‑103は、LWEB‑900(ビル管理)またはLWEB‑802/803を経由するLonMarkシステム の情報の視覚化のためにユーザ固有のグラフィックページを作成することができま す。LIOB‑Connect、LIOB‑FTまたはLIOB‑IPを介してL‑IOB IOモジュールにより物理的 な入出力を組み込むことが可能です。ローカルのオペレーションとオーバーライドはビ ルトインジョグダイヤルとバックライト式ディスプレイ(128×64ピクセル)で行われま す。デバイスとデータポイントの情報は記号とテキスト形式でディスプレイに表示され ます。

LonMarkシステムはIP‑852(Ethernet/IP)またはTP/FT‑10を介して組み込むことができ ます。加えて、オートメーションサーバはKNX、ModbusおよびM‑Busサブシステムを同 時に組み込み、さまざまな技術的起源のゲートウェイデータポイントとして接続するた めの接続機能を提供します。オプションとして、使用する公式に応じて、Mathオブジェク トを接続中に適用してデータポイント出力値を計算することができます。型式ごとのオ ートメーションサーバの特徴として、組み込み式のリモートネットワークインターフェース (LINX‑102)、あるいは対応するL‑IPデバイスの完全な特性セットを提供する組み込み 式のIP‑852ルーター(LINX‑103)があります。

ゲートウェイ機能は、デバイス上で利用可能なすべての通信テクノロジー間でのデータ 通信を可能にします。さまざまなテクノロジーデータポイントはローカル接続を通じて デバイス上でマッピングされます。分散されたデバイス上でのさまざまなテクノロジー データポイントのマッピングはグローバル接続によってサポートされます。L‑INXオート メーションサーバはSmart Auto-Connect™(接続の自動生成によってエンジニアリング の手間と費用を大幅に削減)もサポートします。あらゆるテクノロジーデータポイントが OPC XML‑DAおよびOPC UAのデータポイントとして自動的に作成されます。

それぞれのL‑INXオートメーションサーバはイーサネットポートを2個備えています。内 部スイッチを使用して2個のポートを相互に接続させるように構成することができます。 また、各ポートを個別のIPネットワーク内で機能するように構成することも可能です。

イーサネットポートが2種類のIPネットワーク用に構成される場合、例えば有効なネット ワークセキュリティ(HTTPS)により一つのポートをWAN(広域ネットワーク)に接続する ことができます。一方、もう一つのポートは、安全ではないネットワーク(LAN)に接続す るように構成することができます。この場合、BACnet/IP、LON/IPまたはModbus TCPの ような標準的なビルディングオートメーションプロトコルが使用されます。ポート間の 特定のプロトコルやサービスを分離するファイアウォール機能ももちろんこれらのデバ イスの特徴です。VPN機能の搭載により、単純なVPN設定とリモートサイトへの安全な アクセスができます。LTE-800インターフェースは携帯電話によるリモートサイトへのワ イヤレスアクセスを可能にします。

内部スイッチを使用すると、最大20個のデバイスのデイジーチェーン配線トポロジーを 構築することができ、ネットワークインストールの費用を削減します。IPスイッチは冗長 イーサネットインストール(リング型トポロジー)のセットアップも可能にし、信頼性が高 まります。冗長イーサネットトポロジーはラピッドスパニングツリープロトコル(RSTP) によって有効になり、ほとんどのマネージドスイッチでサポートされます。

L‑INXデバイスはフル装備のAST™機能(アラーミング、スケジューリングおよびトレンデ ィング)を提供し、L‑WEBシステムに完全に組み込むことができます。

IoT統合

IoT機能(Node.js)により、システムをほぼあらゆるクラウドサービスと接続することが できます。分析サービスへの履歴データのアップロード、アラーム処理サービスへの警 告メッセージの配信、あるいはクラウドサービスを介しての制御システムの部分的運用 (例えばWebカレンダーや予約システムに基づくスケジューリング)などがあります。予 測に基づく制御において気象データなどのインターネット情報の処理も可能です。そし て、JavaScriptカーネルにより基本設備制御において非標準装置へのシリアルプロトコ ルの実装も可能になります。

LINX-102/103 オートメーションサーバー CEA-709 Products


LINX-102
LINX-102

CEA-709 Automation Server with LIOB-Connect and built-in Remote Network Interface (RNI)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LINX-103
LINX-103

CEA-709 Automation Server with LIOB-Connect and built-in IP-852 router

Start quote request
Documentation and Software
3D View

L-IOT1
L-IOT1Add-on Software License to enables IoT functionality
on LIOB-585/586/588/589/590, LIOB-AIR and LINX-102/103/202/203
Start quote request
Documentation and Software

LIOB-A2
LIOB-A2

L‑IOB Adapter 2 to split the LIOB‑Connect bus using 4-wire cables

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-A4
LIOB-A4

L‑IOB Adapter 4 to split the LIOB‑Connect bus using RJ45 network cables

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-A5
LIOB-A5

L‑IOB Adapter 5 to terminate the LIOB-Connect bus

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-100
LIOB-100

LIOB-Connect I/O Module: 8 UI, 2 DI, 2 AO, 9 DO (5 x Relay 6 A, 4 x Triac 0,5 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-101
LIOB-101

LIOB-Connect I/O Module: 8 UI, 16 DI

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-102
LIOB-102

LIOB-Connect I/O Module: 6 UI, 6 AO, 8 DO (8 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-103
LIOB-103

LIOB-Connect I/O Module: 6 UI, 6 AO, 5 DO (5 x Relay 16 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-150
LIOB-150

LIOB-FT I/O Module: 8 UI, 2 DI, 2 AO, 8 DO (4 x Relay 6 A, 4 x Triac 1 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-151
LIOB-151

LIOB-FT I/O Module: 8 UI, 12 DI

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-152
LIOB-152

LIOB-FT I/O Module: 6 UI, 6 AO, 8 DO (8 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-153
LIOB-153

LIOB-FT I/O Module: 6 UI, 6 AO, 5 DO (4 x Relay 16 A, 1 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-154
LIOB-154

LIOB-FT I/O Module: 7 UI, 4 AO, 7 DO (5 x Relay 6 A, 2 x Triac 1 A), 1 Pressure Sensor

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-450
LIOB-450

LIOB-IP852 I/O Module: 8 UI, 2 DI, 2 AO, 8 DO (4 x Relay 6 A, 4 x Triac 1 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-451
LIOB-451

LIOB-IP852 I/O Module: 8 UI, 12 DI

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-452
LIOB-452

LIOB-IP852 I/O Module: 6 UI, 6 AO, 8 DO (8 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-453
LIOB-453

LIOB-IP852 I/O Module: 6 UI, 6 AO, 5 DO (4 x Relay 16 A, 1 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-454
LIOB-454

LIOB-IP852 I/O Module: 7 UI, 4 AO, 7 DO (5 x Relay 6 A, 2 x Triac 1 A), 1 Pressure Sensor

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LPOW-2415A
LPOW-2415A

LIOB-Connect Power Supply, 24 VDC, 15 W

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LPOW-2415B
LPOW-2415B

Power supply unit with power connector 24 VDC, 15 W

Start quote request
Documentation and Software
3D View

L-MBUS20
L-MBUS20

M-Bus level converter for 20 M-Bus devices

Start quote request
Documentation and Software
3D View

L-MBUS80
L-MBUS80

M-Bus level converter for 80 M-Bus devices

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LKNX-300
 

KNX interface to connect KNX TP1 devices

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LENO-800
LENO-800

EnOcean Interface 868 MHz Europe

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LENO-801
LENO-801

EnOcean Interface 902 MHz USA/Canada

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LENO-802
LENO-802

EnOcean Interface 928 MHz Japan

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LWLAN-800
LWLAN-800

Wireless LAN Interface IEEE 802.11bgn

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LMPBUS-804
LMPBUS-804 MP-Bus Interface for 16 devices per channel, up to 4 channels
Start quote request
Documentation and Software
3D View

LSMI-800
LSMI-800Standard Motor Interface for 16 motors via EXT port
Start quote request
Documentation and Software
3D View


主要機能

  • LWEB‑900(ビル管理)、LWEB‑803(監視および制 御)、またはLWEB‑802(Webブラウザ)によるカス タマイズされたグラフィックページの視覚化
  • カスタマイズされたグラフィックページを格納
  • L-IOB IOモジュール(LIOB‑10x、LIOB‑15xおよび LIOB‑45x)を使用する物理的な入力と出力による拡張
  • バックライト付きの128x64グラフィックディスプレイ
  • デバイスの状態やデータポイントに関する情 報へのローカルおよびリモートアクセス
  • ジョグダイヤルまたはVNCクライアントを使用する手動操作
  • アラーミング、スケジューリングおよびトレンディング(AST™)
  • IoT統合を簡易にするNode.jsをサポート*(例:Google カレンダー、Alexa、マルチメディア機器など)
  • イベント ドリブンの電子メール通知
  • データポイントに対して数値演算を実 行するためのMathオブジェクト
  • OPC XML‑DAおよびOPC UAサーバを搭載
  • デュアルEthernet/IPインターフェース
  • ネットワーク統計データへのアクセス
  • CEA‑709、CEA‑852、およびISO/IEC 14908 規格に準拠(LonMarkシステム)
  • TP/FT‑10またはIP‑852(Ethernet/IP)をサポート
  • 動的に作成されるNVまたは静的なNVをサポート
  • ユーザ定義NV(UNVT)および構成プロ パティ(SCPT、UCPT)をサポート
  • 2台のMNIデバイスによるリモートネットワーク インターフェース(RNI)(LINX‑102のみ)
  • IP‑852 - TP/FT‑10間ルーター内蔵(LINX‑103のみ)
  • KNX/IP、LKNX‑300インターフェースを介したKNX TP1接続
  • EN 13757‑3に従ったM‑Busマスター、オプションのM‑Bus コンバータ(L‑MBUS20またはL‑MBUS80)を経由する接続
  • Modbus TCPおよびModbus RTU/ASCII(マスターまたはスレーブ)
  • Smart Auto-Connect™を含むゲートウェイ機能
  • デバイス設定およびデータポイント監 視のための統合Webサーバ
  • Ethernet/IPまたはTP/FT‑10を介して構成可能
  • LENO‑80xインターフェースを経由する EnOceanワイヤレスデバイスへの接続
  • LSMI‑80xを介してSM(I 標準モーター インターフェース)をサポート
  • LWLAN‑800インターフェースを介してWLANをサポート
  • LTE‑800インターフェースを介してLTEをサポート
  • LMPBUS‑804インターフェースを介してMP-Busをサポート
  • ユーザ定義のプロジェクト文書を格納

* L-IOT1ソフトウェアライセンスが必要


チュートリアル

Features of L-INX 7.2 Release [LINX 7.2]

This video presents some new features of the L-INX 7.2 Release.

How to create schedulers (CEA-709) [A001]

This tutorial describes how to create schedulers on an L-VIS Touch Panel with the configuration tool L-VIS Configurator.

How to create a calendar including exception days (CEA-709) [A002]

This tutorial describes how to create a calendar including exception days on an L-VIS Touch Panel with the configuration tool L-VIS Configurator.

How to operate a scheduler on the web interface of a L-INX Automation Server [A004]

This tutorial describes how to use the Web UI of the LINX-101 Automation Server.

How to create a remote scheduler (CEA-709) [A005]

This tutorial describes how to configure the LINX-101 Automation Server with the configuration tool NL220 LonWorks© Manager.

How to create alarms (CEA-709) [A006]

This tutorial describes how to create alarms on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to use e-mail configuration [A007]

This tutorial describes how to configure the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create trend objects [A008]

This tutorial describes how to create trend objects on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create static network variables [B001]

This tutorial describes how to create static network variables on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create dynamic network variables [B002]

This tutorial describes how to create dynamic network variables on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool NL220 LonWorks© Manager.

How to create network variables by using LNS scan [B003]

This tutorial describes how to create network variables by using LNX scan on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create network variables by using network scan [B004]

This tutorial describes how to create network variables by using network scan on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to import network variables by using CSV file import [B005]

This tutorial describes how to import network variables by using CSV file import on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to import extern network variables (LNS scan or network scan) [B006]

This tutorial describes how to import extern network variables on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create network variables by using Filter Templates [B007]

This tutorial describes how to create network variables by using Filter Templates on the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

Quick start scenario creating an L-WEB project [W001]

This tutorial describes how to create an L-WEB project and configure the LINX-101 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

A quick start scenario creating an L-WEB database [W002]

This tutorial describes how to create a database with the LWEB-801 Server and the configuration tool L-INX Configurator on the example of configuring the LINX-100 Automation Server.

How to create data points using M-Bus Network Scan [L001]

This tutorial describes how to create data points using M-Bus Network Scan on the LINX-100 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.

How to create and use M-Bus device templates [L002]

This tutorial describes how to create and use M-Bus device templates on the LINX-100 Automation Server with the configuration tool L-INX Configurator.


仕様

Dimensions in mm [inch]

LINX-102, LINX-103

LINX-102/103_dimensions

仕様
寸法 (mm) 107 x 100 x 75 (L x W x H)
インストール DIN rail mounting following DIN 43880, top hat rail EN 50022
電源 24 V DC / 24 V AC ±10 %, typ. 2.5 W
操作条件 0 °C to 50 °C, 10 – 90 % RH, noncondensing, degree
of protection: IP40, IP20 (terminals)
インターフェース 2 x Ethernet (100Base-T):
OPC XML‑DA, OPC UA,
LonMark IP‑852**,
LIOB‑IP,
KNXnet/ IP,
Modbus TCP (Master or
Slave),
HTTP, FTP, SSH, HTTPS,
Firewall, VNC, SNMP
1 x LIOB‑Connect
1 x TP/ FT‑10** (LonMark
system) together with
LIOB‑FT

1 x RS‑485 (ANSI TIA/ EIA‑485):
Modbus RTU/ASCII (Master or Slave)
1 x EXT:
M‑Bus, Master EN 13757‑3 (needs L‑MBUS20 or
L‑MBUS80) or
KNX TP1 (needs LKNX‑300)
or
SMI (needs LSMI-800)
2 x USB-A:
WLAN (needs LWLAN‑800),
EnOcean (needs LENO‑80x),
SMI (needs LSMI-804)
LTE (needs LTE-800)
MP-Bus (needs LMPBUS-804)

 
LINX‑102: ** Either LonMark IP‑852 or TP/ FT‑10
LINX‑103: ** Router between LonMark IP‑852 and TP/ FT‑10
L‑IOB IOモジュール Up to 8 L‑IOB I/ O Modules in any combination of
type LIOB‑10x, LIOB‑15x, and LIOB‑45x
リモートネットワーク
インターフェース
1 RNI with 2 MNI devices (LINX‑102 only)
CEA‑709ルーター 1 (LINX‑103 only)
ツール L‑INX Configurator
リソース上限
Total number of data points 10 000 Math objects 256
OPC data points 2 000 Alarm logs 10
Network variables (NVs) 1 000 M-Bus data points 1 000
Alias NVs 1 000 Modbus data points 2 000
External NVs (polling) 1 000 KNX TP1 data points 250
Address table entries 1 000 („non-ECS mode“: 15) KNXnet/IP data points 250
LonMark Calendar 1 (25 calendar patterns) Connections (Local / Global) 1 000 / 250
LonMark Scheduler 100 Number of L-WEB clients 32 (simultaneously)
LonMark Alarm Server 1 L-IOB I/O Modules 8
Trend logs 256 (4 000 000 logs, ≈ 6 MB) Number of EnOcean devices 25
Total trended data points 256 EnOcean data points 250
E-mail templates 100 SMI devices (per channel)  16
MP-Bus devices (per channel) 16