EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

Modbus (TCP, RTU)

ModbusModbusはオープンプロトコルの工業分野における業界標準の1種で、マスター・スレーブ構成を採用しています。1970年代の終わりにPLC間のデータ転送のために開発されました。今日においても、Modbusはフィールドデバイスをシステムに取込むために広く使用されています。ModbusデバイスはシリアルもしくはTCP/IP経由で通信を行い、Modbus TCPはTCP/IP経由での通信を規定しておりIEC61158規格の一部であります。Modbusデバイスはデータ転送のためにレジスターと呼ばれるアドレス体系を採用しており、データの格納場所をレジスターの種類・アドレス・長さによって特定できます。また、データを正しく読むためにはデータの種類とバイトの並び順の情報が必要となります。デバイスの設定にはメーカー固有のツールが必要となります。

ModbusをサポートするLOYTECデバイスはModbus TCP(TCP/IP)とMobus RTU(Remote Terminal Unitの略・RS-485ベース通信)の 2種類の通信方法をサポートしています。デバイスのModbusインターフェースはマスターかスレーブのどちらかで動作することができます。サポートしているレジスターの種類は、Read Discrete Inputs(2)・Read Coils(1)・Write Coils(5)・Read Input Registers(4)・Read Holding Registers(3)・Write Holding Registers(6)となっています。Modbusデバイスの取り込みには、手動でアドレス情報を登録する必要があり、メーカーが提供するアドレス情報が必要となります。Modbusでは他のプロトコルがサポートするようなオンラインでの情報読込が有りませんが、ネットワーク上のデバイスに対して、オンラインテストによる試験が可能です。テストの際に読み込んだデータを見ることによって、対応するポイントを設定することができます。Modbus用のデバイステンプレートを作成することによって、デバイスの構成情報を再利用でき、設定の際の誤りを防ぐことができます。ModbusデータポイントについてもAST機能が利用できます。