EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

LIOB-BIP I/O モジュール BACnet/IP

liob-550_icon.jpg
BACnetOPC XML-DAOPC UAAlarming (Alarm Management)SchedulingTrending (Historic Data Logging)Ethernet (Ethernet Switch)Backup / RestoreLWEB-900 Integrated Building Management SystemMathematical FunctionsNetwork SecurityLocal I/OsLocal ConnectionGlobal ConnectionRemote AccessVNC (Virtual Network Computing)Web Server for Device ConfigurationLIOB-IPLocal Manual OperationBTL-Certified ProductUL Recognized Product

索引

LIOB‑55x IOモジュールはBACnet/IPネットワークにおいてEthernet/IPを介して通信 します。BACnetビルディングコントローラ(B-BC)プロファイルに準拠し、入出力データ ポイントはBACnetサーバーオブジェクトを通じて公開するか、BACnetクライアントマッ ピングを介してBACnetサーバから能動的に取り出します。

B-BCプロファイルに応じて、LIOB‑55xモジュールはBACnetのアラーミング、スケジュー リング、およびトレンディングをサポートします。BTL試験・認証済みです。

イーサネットを介するBACnet/IP

LIOB‑55x IOモジュールはビルトインイーサネットスイッチを含むイーサネットポート を2個備えています。これはビルシステムにおいて最大20個のデバイスのデイジーチェ ーン配線トポロジーを可能にし、ネットワークインストール費用を削減します。デュアル イーサネットポートデバイスは冗長イーサネットインストール(リング型トポロジー)の セットアップも可能にし、信頼性が高まります。冗長イーサネットトポロジーはラピッド スパニングツリープロトコル(RSTP)によって有効になり、ほとんどのマネージドスイッ チでサポートされます。

LIOB‑55xモジュールはデバイスの状態を問い合わせて、モジュールの各データポイン トを表示または変更するためのWebインターフェースを備えています。BACnetオブジェ クトインターフェースに加えて、入出力データポイントはSSL暗号化Webサービス(OPC XML‑DA)ないしUA Secure Conversation(OPC UA)を提供する統合OPCサーバによっ て公開されます。ローカルディスプレイにはVNCを介してアクセスできます。

LIOB‑IPモード

LIOB‑55xモジュールは手動のローカルオペレーションによってLIOB‑IPモードに切り 替えることができます。LIOB‑IPモードでは、LIOB‑55xモジュールはプラグアンドプレイ により物理的な入力と出力でL‑INXオートメーションサーバ、L‑ROCルームコントロー ラ、L-IOB I/OコントローラおよびLIOB-AIR I/Oコントローラを拡張します。

ローカルオペレーションとオーバーライド

すべてのL‑IOB IOモジュールは、手動でのローカルオペレーションのためにバックラ イト付きのLCDディスプレイ(128×64)とジョグダイヤルを備えています。デバイスやデ ータポイントの情報はテキスト形式や図示記号で表示されます。

I/O Integration through LIOB-IP via plug and play

Pug and play I/O Integration through LIOB-IP

LIOB-BIP I/O モジュール BACnet/IP Products


LIOB-550
LIOB-550

LIOB-BIP I/O Module: 8 UI, 2 DI, 2 AO, 8 DO (4 x Relay 6 A, 4 x Triac 1 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-551
LIOB-551

LIOB-BIP I/O Module: 8 UI, 12 DI

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-552
LIOB-552

LIOB-BIP I/O Module: 6 UI, 6 AO, 8 DO (8 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-553
LIOB-553

LIOB-BIP I/O Module: 6 UI, 6 AO, 5 DO (4 x Relay 16 A, 1 x Relay 6 A)

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-554
LIOB-554

LIOB-BIP I/O Module: 7 UI, 4 AO, 7 DO (5 x Relay 6 A, 2 x Triac 1 A), 1 Pressure Sensor

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LPOW-2415A
LPOW-2415A

LIOB-Connect Power Supply, 24 VDC, 15 W

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LPOW-2415B
LPOW-2415B

Power supply unit with power connector 24 VDC, 15 W

Start quote request
Documentation and Software
3D View

L-TEMP2
L-TEMP2

External temperature sensor (NTC10K) for use with L-IOB Universal Inputs

Start quote request
Documentation and Software


機能

  • 物理的な入力と出力を備えた IOモジュール
  • デュアルEthernet/IPインターフェース
  • BACnet/IPチャンネルでのインテグレーシ ョンのためのBACnetオブジェクト
  • BACnet/IPオブジェクトにアクセスするため のBACnetクライアントマッピング
  • BACnetビルディングコントローラ(B‑BC)プロファイルを実装
  • ジョグダイヤルまたはVNCクライアントを使用する手動操作
  • バックライト付きの128x64グラフィックディスプレイ
  • デバイスの状態やデータポイントに関する平文お よび記号による情報へのローカルアクセス
  • デバイス設定およびデータポイント監 視のための統合Webサーバ
  • B-BC(BACnetビルディングコントローラ)機能性、BTL認証
  • BACnetのアラーミング、スケジューリング、 およびトレンディングをサポート
  • LIOB‑IPを介してL-INXオートメーションサー バ、L‑ROCルームコントローラ、L-IOB I/Oコントロ ーラ、およびLIOB-AIR I/Oコントローラに接続
  • L‑INX、L‑ROC、L-IOB I/Oコントローラ、およびLIOBAIR によるデバイス設定への自動的な組み込み
  • 追加のソフトウェアを必要としない簡易なデバイス交換
  • OPC XML‑DAおよびOPC UAサーバを搭載
  • データポイントに対して数値演算を実 行するためのMathオブジェクト

仕様

Dimensions in mm [inch]

LIOB-550

LIOB-550_dimensions

LIOB-551

LIOB-551_dimensions

LIOB-552

LIOB-552_dimensions

LIOB-553

LIOB-553_dimensions

LIOB-554

LIOB-554_dimensions
共通仕様
寸法 (mm) 107 x 100 x 75 (L x W x H)
インストール DIN rail mounting following DIN 43880, top hat rail EN 50022
操作条件 0 °C to 50 °C, 10 – 90 % RH, noncondensing, degree of protection: IP40, IP20 (terminals)
電源 24 V DC / 24 V AC ±10 % via L‑INX, L‑ROC, L‑POW or LIOB‑A2/A4 via LIOB‑Connect
インターフェース 2 x Ethernet (100Base-T):
OPC XML‑DA, OPC UA, LIOB‑IP,
BACnet/ IP
LIOB‑BIP I/Oモジュール(LIOB‑55x)仕様
型式 LIOB‑550 LIOB‑551 LIOB‑552 LIOB‑553 LIOB-554
消費電力
4.5 W (all Relays on)
4.5 W
4.5 W (all Relays on)
4.5 W (all Relays on)
4.5 W (all Relays on
ユニバーサル入(UI) 8 8 6 6 7
デジタル入力(DI) 2 12 - -  
アナログ出力(AO) 2 - 6 6 4
デジタル出力(DO) 8 (4 x Relay, 4 x Triac) - 8 (8 x Relay)

5 (4 x Relay 16 A,
1 x Relay 6 A)

7 (5 x Relay, 2 x Triac)
デジタル出力仕様
Please refer to the ”General Input and Output Specification of LOYTEC devices“ at the end of
the L‑IOB section for more details.
差圧センサー  -  -  -  - 0–500 Pa
リソース上限
OPC XML‑DA data points 100 BACnet notification classes 32
BACnet objects
1 per I/O
Trend logs (BACnet or generic) 10 (130 000 entries, ≈ 2 MB)
BACnet client mappings 20 Total trended data points 10
BACnet calendar objectsv 10 Alarm logs 5
BACnet scheduler objects
5 Connections (Local/Global) 200/100
Math objects 20    

LOYTEC デバイスの一般的な入出力仕様

UI - 汎用入力

UIは4種類の異なる入力タイプの汎用入力です。入力電圧範囲は0V~10Vで、最大30Vまで耐えることができます。UIは1Vと10Vの間で(測定値の)±1%の相対精度および1Vと10Vの間で±10mVの絶対精度を備えたクラス1に対応しています。ADC解像度は16ビットです。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。汎用入力は以下のように構成できます:

  • バイナリ入力(デジタル入力)

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間10ms。
    • 電圧モードでは、閾値は、高レベルの場合は2Vです<低レベルの場合は0 8V>。
    • 抵抗モードでは、閾値は高レベルの場合は6 7kΩです<低レベルの場合は1 9kΩ>。これらの閾値の間では、結果として生成されるUIのレベルは定義されません。
  • 電圧計測 0‑10V

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<1s。
  • 電流ループ4‑20mA

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<12。いくつかの汎用入力については、249Ωの内部シャントが利用できます。それ以外の場合は、249Ωの外部抵抗をシャントとして使用して下さい。
  • 抵抗測定

    入力インピーダンス10kΩ、サンプリング期間<1s。1kΩから100kΩの範囲内の抵抗を測定できます。一般的な温度センサー(例:Pt1000、NTC10K、NTC1K8、Ni1000)の場合、固定内部変換表が提供されます。その他の温度センサーについては、変換表を構成ツールで定義して使用できます。

アナログ入力の平均的なサンプリング期間pは、アナログモードで構成されるアクティブな(無効ではない)汎用入力nの数によって決まります。pの公式は以下のとおりです:

p = n * 125 ms

これは、例えば、アナログ入力として二つのUIが構成されている場合、二つの入力のそれぞれについて250ms(平均)ごとに新しいサンプルが取られるということを意味します。デジタル入力として構成されているUIはこの公式に影響されません(サンプリング期間は必ず10ms)。

DI – デジタル入力、カウンター入力(S0パルス)

DIは高速のバイナリ入力であり、カウンター入力として使用することもできます(S0)。これは電気計器用のS0仕様に従っていて、10msのサンプリングレートを備えています。DI端子とGNDの間の195Ωの負荷で状態が変化します。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。

AO – アナログ出力

AOはアナログ出力であり、0から10V(最大12V)の信号範囲、10ビットの解像度、10mA(20 mA@12 V)の最大出力電流、および短絡保護機能(一度に2出力)を備えています。範囲全体の精度は±100mVです。

DO – デジタル出力

以下のデジタル出力が利用可能です:

  • リレー6A 出力:スイッチング容量6A、250VAC / 30VDC。最大突入電流6A、最大600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー10A 出力:スイッチング容量10A、250VAC / 30VDC。最大突入電流10A、最大1600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー16A 出力:スイッチング容量16A、250VAC / 30VDC。最大突入電流80A、最大2000W(抵抗負荷)@250VAC
  • TRIAC 出力:スイッチング容量連続0 5A、24~230VAC、外部リレーに接続不可

規格より高い負荷へスイッチングする時、インタフェースリレーを使用すること。LOYTECデバイスの個々の出力には、バリスタ(MOV)のような保護素子またはCR回路を使用しなければならない。

UIO-ユニバーサルアナログ/デジタル入力/出力

IOは、抵抗、電圧、または電流(内部シャントの有無にかかわらず)を測定する入力として、
または0〜10 Vの電圧出力を駆動する出力として構成できるユニバーサル入出力ポイントタイプです。

IOの入力(Input)電圧範囲は0〜10 Vで、耐圧は最大30 Vです。IOは、クラス1に対応し、1 V〜10 V範囲で(測定値の)±1%の相対精度を持ちます。
0 Vと1 Vの間の絶対精度は±10 mVです。ADCの分解能は12ビットです。
電気的に分離されたセンサースイッチを接続する必要があります。UIO入力のサンプリング周期は50 msです。

出力(Output)モードでは、IOの信号範囲は0〜10 V、分解能は12ビット、最大出力電流は25 mA(短絡保護)です。 全範囲の精度は±100 mVです。

PRESS ‑ 圧力センサー

これらの入力は差圧センサーを表しています。これらは3/16”(4 8mm)ホースコネクタを2個備えています。