EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

L-STUDIO AIR Next generation VAV control - Video

LIOB-AIR コントローラ

LIOB-AIR1
CEA-709BACnetDALIModbusMP-BusOPC XML-DAOPC UAEnOceanWireless Local Area Network (WLAN)LTESNMPAlarming (Alarm Management)SchedulingTrending (Historic Data Logging)IoTE-mail NotificationSMS NotificationEthernet (Ethernet Switch)LIOB-IPLocal I/OsGateway FunctionLocal ConnectionGlobal ConnectionLocal Manual OperationNetwork SecurityRemote AccessVNC (Virtual Network Computing)Web Server for Device ConfigurationMathematical FunctionsIEC 61499 – L-STUDIOIEC 61131 – L-STUDIOBACnet Router FunctionBackup / RestoreLWEB-900 Integrated Building Management SystemLWEB-802/803 VisualizationL-STATUL Recognized ProductBTL-Certified Product

索引

LIOB‑AIRは、プリプログラムされた柔軟で再プログラム可能なアプリケーションプログ ラムとビル換気システム用の洗練された管理機能をさぽーとした、高度にIPベースの 可変風量コントローラ(VAVコントローラ)です。

L‑STUDIO AIRの設計者は、VAVシステムのあらゆる要件を満たす高速で柔軟なプロジ ェクト設計が可能です。各VAVコントローラはBACnet、OPCネットワークインターフェー スを備え、それぞれのBMSにシームレスに一体化されます。操作、管理およびデバイス 設定用のグラフィックページはLIOB‑AIR上で表示され、Tridiumをはじめ、ミドルウェア コンポーネントは不要です。特別なプロセスを必要とせず、L‑STUDIO AIRはLWEB‑900 ビル管理システムに連動して一体化されます。ローカルのトレンディングとアラーミング はBMSに詳細な動作状態を知らせます。ネットワークがダウンしても、ローカルのスケジ ューリングは信頼性のあるエリア操作を可能にします。洗練されたDCVアルゴリズムに よりエネルギーを節約し、24/7オンラインテストアルゴリズムは適切なシステム動作を 保証し、故障したダンパーアクチュエータ、動かない再加熱弁、停止した直列ファンなど 動作不良のデバイスを検出します。

通信はイーサネットまたはオプションのメッシュ型WLANを介して確立されます。デュア ルイーサネットインターフェースによる、シンプルなネットワーク配線のためにVANコン トローラのデイジーチェーン接続が可能になります。オプションのビルトインWLANは、 自己修復メッシュ型ネットワークトポロジーにおいて信頼性のあるワイヤレス通信のた めのダイバーシティアンテナをサポートします。専用ポートには、ユーザーインタラクシ ョンのためのL‑STATルームオペレーターパネルが接続されます。ビルトインダンパー アクチュエータはMP‑Busを介して通信し、状況に関する詳細な情報を提供します。ビル トイン差圧センサーを使用して風量を測定します。追加のセンサーやアクチュエータを 接続するように多数の汎用入力およびアナログ・デジタル出力を構成することができま す。追加のデバイスは追加L-IOB、RS-485、またはEnOceanによってワイヤレスでサポー トされます。オプションのLTE-800をUSBポートに接続することで、モバイルネットワーク を介した遠隔でのアクセスが可能になります。

IoTへのインテグレーション

IoT機能(Node.js)により、システムをほぼあらゆるクラウドサービスに接続することが できます。分析サービスへの履歴データのアップロード、アラーム処理サービスへのア ラームメッセージの配信、あるいはクラウドサービスを介しての制御システムの部分 的運用(例えばWebカレンダーや予約システムに基づくスケジューリング)などがあり ます。予測制御において気象データなどのインターネット情報の活用も可能です。さら に、JavaScriptカーネルにより基本設備制御において専用装置へのシリアルプロトコル の実装も可能になります。

DALIシステムへのインテグレーション

LIOB-AIR20モデルは追加DALI通信ポートをサポートしています。このモデルでは、追加 のL-DALIデバイスを必要とすることなくLIOB-AIRコントローラに照明機能を簡易に組 み込むことができます。すべてのL-DALI機能を直接LIOB-AIRで利用できるようにすると 同時にインストールの費用も低減されるため、このモデルは照明ソリューションにおい ても高い競争力を実現しています。

サポートされるVAVの種類
  • 標準的なVAV(再加熱なしファンなし気流制御のみ)   
  • 最大3段階の電気再加熱によるVAV
  • 温水再加熱によるVAV
  • 直列ファンによるVAV
  • 直列ファンおよび最大3段階の電気再加熱によるVAV
  • 直列ファンおよび温水再加熱によるVAV
  • 並列ファンおよび最大3段階の電気再加熱によるVAV
  • 並列ファンおよび温水再加熱によるVAV
  • すべての再加熱にはオプションの周辺加熱もあります
サポートされる出力(アクチュエータ)
  • ダンパーMP-Bus
  • ダンパー調整
  • ダンパーフローティング
  • 並列ファン(ECモーターもサポート)
  • 直列ファン(ECモーターもサポート)
  • 再加熱温水調整
  • 再加熱温水フローティング
  • 再加熱電気調整
  • 再加熱電気最大3段階
  • 周辺加熱調整
  • 周辺加熱フローティング
  • 周辺加熱オン/オフ

サポートされる入力(センサー)

  • 圧力(内部)
  • 空間温度
  • 空間温度設定ポイント、絶対設定ポイ ントおよび(または)オフセット
  • 人感センサー
  • 人感オーバーライド(セットバックオーバーライド)
  • 吐出温度
  • CO2またはVOCセンサー
  • 相対湿度
  • 窓開閉
  • ダンパーフィードバック
  • 外部フロー設定ポイント(ヨーロッパ版)
 

 

LIOB‑AIR VAVコントローラは以下のアプリケーションを組み込みます。

  • 気流制御
  • 気流構成
  • 気流アラーム
  • 空気流較正
  • 空間温度制御
  • シーケンス制御
  • 空間温度アラーム
  • 空間温度設定ポイント制御
  • 外部空間温度設定ポイント
  • 人感制御
  • 吐出温度制御
  • CO2またはVOC制御
  • 湿度制御
  • 外部気流設定ポイント操作
  • エアハンドリングユニッ トへのデータ集約
  • グループ機能

 

 Sequence Control

 LIOB-AIR Visualization

 

LIOB-AIR コントローラ Products


LIOB-AIR1
LIOB-AIR1

LIOB I/O controller with application program variable air volume control

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-AIR2
LIOB-AIR2

LIOB I/O controller with application program variable air volume control

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-AIR13
LIOB-AIR13

LIOB I/O controller with application program variable air volume control

Start quote request
Documentation and Software
3D View

LIOB-AIR20
LIOB-AIR20アプリケーションプログラムを搭載した可変風量制御、DALI照明制御を行うL-IOBコントローラ、アクチュエータ含む (2020年第3四半期から利用可能)
Start quote request
Documentation and Software

L-IOT1
L-IOT1Add-on Software License to enables IoT functionality
on LIOB-585/586/588/589/590, LIOB-AIR and LINX-102/103/202/203
Start quote request
Documentation and Software


機能

  • 物理入出力をサポートする IOコントローラ
  • 可変風量制御のための専用アプリケーションプログラム
  • 冗長IPネットワークを介したネットワーキング
  • アラーミング、スケジューリング、およ びトレンディング(AST™)
  • IoTインテグレーションを簡易に実現するNode.jsをサポート* (例:Googleカレンダー、Alexa、マルチメディア機器など)
  • コントローラにおけるすべての重要な データポイントのトレンディング
  • L‑STUDIOによる構成とパラメータ化
  • L-STATルームオペレーターパネルの組み込み
  • LWEB‑802/803ルームオペレーションの一体化
  • LWEB‑900システムとのシームレスな一体化
  • デバイス設定のためのWebサーバ搭載
  • L-IOB IOモジュール(LIOB-45x/LIOB‑55x)を使 用する物理入出力をサポートしIO機能拡張
  • デュアルEthernet/IPインターフェース
  • BACnet/IPインターフェースはB-BC(BACnetビル ディングコントローラ)プロファイルに準拠
  • OPC XML‑DAおよびOPC UAサーバを搭載
  • ジョグダイヤルによる手動制御
  • VCNクライアントを介した遠隔手動制御
  • バックライト付きの128x64グラフィックディスプレイ
  • デバイスやデータポイントに関する情報の平 文および記号でのローカルディスプレイ
  • 追加のソフトウェアを必要としない簡易なデバイス交換
  • EnOceanサポート: LIOB‑AIR20:ビルトイン LIOB‑AIR1、LIOB-AIR2、LIOB-AIR13:LENO‑80xが必要
  • WLANサポート: LIOB‑AIR1、LIOB‑AIR13、LIOB-AIR20:ビルトイン LIOB‑AIR2:LWLAN‑800が必要
  • LTE‑800インターフェースによりLTEをサポート
  • DALI統合(LIOB-AIR20のみ)
  • MP-Busを介したアクチュエータの組み込み
  • 差圧センサー
  • ダンパーアクチュエータ含む

L-STUDIO AIR 次世代 VAV コントロール - ビデオ


仕様

Dimensions in mm [inch]

LIOB-AIR1, LIOB-AIR2

 

LIOB-AIR1 dimensions

 

LIOB-AIR13

 

LIOB-AIR13 dimensions

 

 

仕様
型式 LIOB-AIR1 LIOB-AIR2 LIOB-AIR13 LIOB-AIR20
寸法(mm) 260 x 120 x 68 (L x W x H) 208 x 120 x 68 (L x W x H)
インストール mountable on the corresponding volume flow actuator mountable via oblong holes
動作条件 0 °C to 50 °C, 10 – 90 % RH, non condensing, degree of protection: IP20
電源 85-240 V AC 50/60Hz or 24 V DC / 24 V AC ±10 % 24 V DC / 24 V AC ±10 % 85-240 V AC 50/60Hz
L‑IOB I/Oモジュール 1 L‑IOB I/ O Module of type LIOB‑BIP
インターフェース

2 x Ethernet (100Base-T):
OPC XML‑DA, OPC UA, LonMark IP‑852, BACnet/ IP, Modbus TCP,
LIOB‑IP, HTTP, FTP, SSH, HTTPS, Firewall, SNMP, VNC
1 x L-STAT (Room Operator Panel)
1 x MP-Bus (actuator)
2 x USB-A
EnOcean (needs LENO‑80x)
LTE (needs LTE‑800)
WLAN (needs LWLAN‑800)

1 x RS‑485 (ANSI TIA/ EIA‑485):
BACnet MS/ TP
or Modbus RTU/ASCII
(Master or Slave)
1 x Internal WLAN (2 x SMA)

-

1 x Internal WLAN
(2 x SMA)

1 x RS‑485 (ANSI TIA/ EIA‑485):
BACnet MS/ TP
or Modbus RTU/ASCII
(Master or Slave)
1 x Internal WLAN (2 x SMA)
1 x DALI
1 x EnOcean (USA/
Canada 902 MHz)
ユニバーサル入力(UI) 10
10
10  10
アナログ出力(AO) 3 3 3  3
デジタル出力(DO) 9 (3 x Relay 16 A, 4 x Relay 6 A,
2 x Triac 0.5 A)
6 (4 x Relay 6 A,
2 x Triac 0.5 A)
6 (4 x Relay 6 A,
2 x Triac 0.5 A)
6 (4 x Relay 10 A,
2 x Triac 0.5 A)
デジタル出力仕様

Please refer to the “General Input and Output Specification of LOYTEC devices” for more details.

差圧センサー 0–250 Pa 0–500 Pa
電源出力 18 V DC, max. 200 mA
アクチュエータ
Torque ratings: 5 N m
Certificates UL UL UL pend. UL pend.
リソース上限
Total number of data points 30 000 CEA-709 External NVs (polling) 2 000
OPC data points 10 000 CEA-709 address table entries 1 000 (non-ECS mode: 15)
BACnet objects 2 000 (analog, binary, multi-state) LonMark Calendars 1 (25 calendar patterns)
BACnet client mappings 1 000 LonMark Schedulers 100
BACnet calendar objects 25 LonMark Alarm Servers 1
BACnet scheduler objects 100 (64 data points per object) E-mail templates

 

100
BACnet notification classes 32 Math objects 100
Trend logs (BACnet or generic) 512 (4 000 000 entries, ≈ 60 MB) Alarm logs 10
Total trended data points 1 000 Connections (Local / Global) 4 000 / 250
CEA-709 network variables (NVs) 2 000 Number of L-WEB clients 32 (simultaneously)
CEA-709 Alias NVs 2 000  Number of EnOcean devices 100

LOYTEC デバイスの一般的な入出力仕様

UI - 汎用入力

UIは4種類の異なる入力タイプの汎用入力です。入力電圧範囲は0V~10Vで (SELV, 4-20 mA) 、最大30Vまで耐えることができます。UIは1Vと10Vの間で(測定値の)±1%の相対精度および1Vと10Vの間で±10mVの絶対精度を備えたクラス1に対応しています。ADC解像度は16ビットです。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。汎用入力は以下のように構成できます:

  • バイナリ入力(デジタル入力)

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間10ms。
    • 電圧モードでは、閾値は、高レベルの場合は2Vです<低レベルの場合は0 8V>。
    • 抵抗モードでは、閾値は高レベルの場合は6 7kΩです<低レベルの場合は1 9kΩ>。これらの閾値の間では、結果として生成されるUIのレベルは定義されません。
  • 電圧計測 0‑10V

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<1s。
  • 電流ループ4‑20mA

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<12。いくつかの汎用入力については、249Ωの内部シャントが利用できます。それ以外の場合は、249Ωの外部抵抗をシャントとして使用して下さい。
  • 抵抗測定

    入力インピーダンス10kΩ、サンプリング期間<1s。1kΩから100kΩの範囲内の抵抗を測定できます。一般的な温度センサー(例:Pt1000、NTC10K、NTC1K8、Ni1000)の場合、固定内部変換表が提供されます。その他の温度センサーについては、変換表を構成ツールで定義して使用できます。

アナログ入力の平均的なサンプリング期間pは、アナログモードで構成されるアクティブな(無効ではない)汎用入力nの数によって決まります。pの公式は以下のとおりです:

p = n * 125 ms

これは、例えば、アナログ入力として二つのUIが構成されている場合、二つの入力のそれぞれについて250ms(平均)ごとに新しいサンプルが取られるということを意味します。デジタル入力として構成されているUIはこの公式に影響されません(サンプリング期間は必ず10ms)。

DI – デジタル入力、カウンター入力(S0パルス)

DIは高速のバイナリ入力であり、カウンター入力として使用することもできます(S0)。これは電気計器用のS0仕様に従っていて、10msのサンプリングレートを備えています。DI端子とGNDの間の195Ωの負荷で状態が変化します。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。The input can withstand up to 30 V SELV。

AO – アナログ出力

AOはアナログ出力であり、0から10V(最大12V)の信号範囲、10ビットの解像度、10mA(20 mA@12 V)の最大出力電流、および短絡保護機能(一度に2出力)を備えています。範囲全体の精度は±100mVです。

DO – デジタル出力

以下のデジタル出力が利用可能です:

  • リレー6A 出力:スイッチング容量6A、250VAC / 30VDC。最大突入電流6A、最大600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー8A 出力:スイッチング容量8A、250VAC / 30VDC。最大突入電流8A、最大1600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー10A 出力:スイッチング容量10A、250VAC / 30VDC。最大突入電流10A、最大1600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー16A 出力:スイッチング容量16A、250VAC / 30VDC。最大突入電流80A、最大2000W(抵抗負荷)@250VAC
  • TRIAC 出力:スイッチング容量連続0 5A、24~240VAC, 50/60 Hz、外部リレーに接続不可

規格より高い負荷へスイッチングする時、インタフェースリレーを使用すること。LOYTECデバイスの個々の出力には、バリスタ(MOV)のような保護素子またはCR回路を使用しなければならない。Outputs must be properly fused according to rated current。

IO-ユニバーサルアナログ/デジタル入力/出力

IOは、抵抗、電圧、または電流(内部シャントの有無にかかわらず)を測定する入力として、
または0〜10 Vの電圧出力を駆動する出力として構成できるユニバーサル入出力ポイントタイプです。

IOの入力(Input)電圧範囲は0〜10 Vで、耐圧は最大30 Vです。IOは、クラス1に対応し、1 V〜10 V範囲で(測定値の)±1%の相対精度を持ちます。 0 Vと1 Vの間の絶対精度は±10 mVです。ADCの分解能は12ビットです。 電気的に分離されたセンサースイッチを接続する必要があります。IO入力のサンプリング周期は50 msです。This limits Pulse Count inputs to a maximum frequency of 10Hz.

出力(Output)モードでは、IOの信号範囲は0〜10 V、分解能は12ビット、最大出力電流は25 mA(短絡保護)です。 全範囲の精度は±100 mVです。

PRESS ‑ 圧力センサー

これらの入力は差圧センサーを表しています。これらは3/16”(4 8mm)ホースコネクタを2個備えています。