EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

L-STUDIO AIR Next generation VAV control - Video

LIOB-AIR コントローラ

LIOB-AIR1

索引

LOYTEC デバイスの一般的な入出力仕様

UI - 汎用入力

UIは4種類の異なる入力タイプの汎用入力です。入力電圧範囲は0V~10Vで (SELV, 4-20 mA) 、最大30Vまで耐えることができます。UIは1Vと10Vの間で(測定値の)±1%の相対精度および1Vと10Vの間で±10mVの絶対精度を備えたクラス1に対応しています。ADC解像度は16ビットです。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。汎用入力は以下のように構成できます:

  • バイナリ入力(デジタル入力)

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間10ms。
    • 電圧モードでは、閾値は、高レベルの場合は2Vです<低レベルの場合は0 8V>。
    • 抵抗モードでは、閾値は高レベルの場合は6 7kΩです<低レベルの場合は1 9kΩ>。これらの閾値の間では、結果として生成されるUIのレベルは定義されません。
  • 電圧計測 0‑10V

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<1s。
  • 電流ループ4‑20mA

    入力インピーダンス>20kΩ、サンプリング期間<12。いくつかの汎用入力については、249Ωの内部シャントが利用できます。それ以外の場合は、249Ωの外部抵抗をシャントとして使用して下さい。
  • 抵抗測定

    入力インピーダンス10kΩ、サンプリング期間<1s。1kΩから100kΩの範囲内の抵抗を測定できます。一般的な温度センサー(例:Pt1000、NTC10K、NTC1K8、Ni1000)の場合、固定内部変換表が提供されます。その他の温度センサーについては、変換表を構成ツールで定義して使用できます。

アナログ入力の平均的なサンプリング期間pは、アナログモードで構成されるアクティブな(無効ではない)汎用入力nの数によって決まります。pの公式は以下のとおりです:

p = n * 125 ms

これは、例えば、アナログ入力として二つのUIが構成されている場合、二つの入力のそれぞれについて250ms(平均)ごとに新しいサンプルが取られるということを意味します。デジタル入力として構成されているUIはこの公式に影響されません(サンプリング期間は必ず10ms)。

DI – デジタル入力、カウンター入力(S0パルス)

DIは高速のバイナリ入力であり、カウンター入力として使用することもできます(S0)。これは電気計器用のS0仕様に従っていて、10msのサンプリングレートを備えています。DI端子とGNDの間の195Ωの負荷で状態が変化します。直流電気で分離されたセンサーについては、それぞれスイッチを接続して下さい。The input can withstand up to 30 V SELV。

AO – アナログ出力

AOはアナログ出力であり、0から10V(最大12V)の信号範囲、10ビットの解像度、10mA(20 mA@12 V)の最大出力電流、および短絡保護機能(一度に2出力)を備えています。範囲全体の精度は±100mVです。

DO – デジタル出力

以下のデジタル出力が利用可能です:

  • リレー6A 出力:スイッチング容量6A、250VAC / 30VDC。最大突入電流6A、最大600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー8A 出力:スイッチング容量8A、250VAC / 30VDC。最大突入電流8A、最大1600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー10A 出力:スイッチング容量10A、250VAC / 30VDC。最大突入電流10A、最大1600W(抵抗負荷)@250VAC
  • リレー16A 出力:スイッチング容量16A、250VAC / 30VDC。最大突入電流80A、最大2000W(抵抗負荷)@250VAC
  • TRIAC 出力:スイッチング容量連続0 5A、24~240VAC, 50/60 Hz、外部リレーに接続不可

規格より高い負荷へスイッチングする時、インタフェースリレーを使用すること。LOYTECデバイスの個々の出力には、バリスタ(MOV)のような保護素子またはCR回路を使用しなければならない。Outputs must be properly fused according to rated current。

IO-ユニバーサルアナログ/デジタル入力/出力

IOは、抵抗、電圧、または電流(内部シャントの有無にかかわらず)を測定する入力として、
または0〜10 Vの電圧出力を駆動する出力として構成できるユニバーサル入出力ポイントタイプです。

IOの入力(Input)電圧範囲は0〜10 Vで、耐圧は最大30 Vです。IOは、クラス1に対応し、1 V〜10 V範囲で(測定値の)±1%の相対精度を持ちます。 0 Vと1 Vの間の絶対精度は±10 mVです。ADCの分解能は12ビットです。 電気的に分離されたセンサースイッチを接続する必要があります。IO入力のサンプリング周期は50 msです。This limits Pulse Count inputs to a maximum frequency of 10Hz.

出力(Output)モードでは、IOの信号範囲は0〜10 V、分解能は12ビット、最大出力電流は25 mA(短絡保護)です。 全範囲の精度は±100 mVです。

PRESS ‑ 圧力センサー

これらの入力は差圧センサーを表しています。これらは3/16”(4 8mm)ホースコネクタを2個備えています。