EU Cookie Law Script 1

     We use cookies to make our websites easier to use. By browsing our websites you agree to our use of cookies.

マンチェスター空港(イギリス・マンチェスター、2016)

Manchester Airport

LOYTEC コンピーテンス・センター Calon 社は Building Environment Control 社と協力し、2013 年にマンチェスター空港第二ターミナルに定照度制御と在室検知機能を組み込んだ DALI 照明システムを導入しました。また、更なるプロジェクトとして、2016年、第一と第三ターミナルに同システムを導入すると同時に照明器具も LED に一新し、エネルギー消費の更なる削減を実現しました。

各エリアに設置された DALI (人感/自然光)センサーで収集したデータに基づき、LOYTEC の DALI コントローラは自動的に最適な照度の調整を行い、更に自然光の効率的活用によるエネルギーの節約も実現しました。

配線室に設置されたローカルコントロールパネルは LOYTEC L-DALI コントローラを通じて、 DALI バスと BACnet ネットワークに接続され、エネルギー消費量、デバイス状況などの情報を共有し、個々のデバイスとセンサーの状況をも細かく把握しています。管理システムはオープンな通信プロトコル(BACnet and DALI)によりセンサーとコントローラ間の通信をスムーズに実施し、柔軟な拡張性で設備の追加も容易です。更に、グラフィカルインターフェースとレポート機能によりメンテナンス作業を効率化し、インターネット接続で操作の利便性も向上しました。

2014 年にはフライト情報システムを更にビル管理システムへ接続して試験運営に成功、リアルタイムにフライト情報に応じて照度を自動的に調整することにより照明システムの効率が更に向上しました。

必要な時だけエネルギーを使用するというスマート照明制御の基本理念をもとに、システムは在室者を検出し、かつ照度が一定以下に落ちた場合のみ照明をつけることにより、89%のエネルー消費量、約 7 Gwh の電力を見事に削減しました。

最後に、管理システムを通じて取得した照度、デバイス寿命、調光レベルなどの情報も空港全体のエネルギー配置と設備配置における重要な指標となっています。

016 年 11 月にマンチェスター空港プロジェクトは”産業・輸送用照明”分野で”LUX Award”賞を受賞しました。

  導入前のエネルギー消費量

LED に交換後の消費量

更に自動化システム導入後の消費量

年間エネルギー削減量

場所  MWh  MWh 削減量  MWh      削減量  MWh 削減量
第一ターミナル  2942  1112  62 %  440  60 %  2502  85 %
第二ターミナル  3739  1514  60 %  576  62 %  3163  85 %
第三ターミナル  1657  582  65 %  184  68 %  1473  89 %
合計  8338  3208    1200    7138  

 

Main Menu with example of areas  Terminal 2 - Airport Manchester  Departure Gate Lighting System

 

関連情報

場所 Manchester, Great Britain

ノード数 DALI ballasts: > 9,500 and DALI multi-sensors: > 1,200
基幹技術 BACnet, DALI

提携先 Calon, Building Environment Control

LOYTEC部品    82 x LDALI-ME204

LOYTECシステムツール 

NA